読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書いてタイピング練習

 

パソコンのブラウザから簡単にタイピングスピードを測れる「キーボー度チェッカー」で自分のタイピング速度を調べた。

Flashタイピング【キーボー度チェッカー】


一回だけやった結果がこれ。

 

f:id:anastasiaTetris:20160207203513p:plain

 

 


一万位中144位って本当かなぁ?


参考までに,ゴーストタイピングのランキングでは私のタイピング速度6.666key/secで,全27433位中2839位。私は大体上位から10%に位置するんだねぇ。

ちなみにゴーストタイピングの一位が17key/secって・・・。信じられん・・・・私の3倍も速いのか・・・

 


タイピングゲームの成績はとりあえず置いといて,
私がタイピングをするのはなぜか?理由は,自分の考えを言語化したいから。そのオマケとして言語化した内容をネット上へupしている。


私がブログを書く目的は自分の思考の言語化や時間つぶしであって,タイピング能力上達はあまり意識していない。


ブログを書くにおいてはやっぱりタイピング速度が速い方が自分の思考を言語化するときに要する時間が減ってストレスが減ると思う。私は一秒間で6キー入力できる程度のタイピング速度を身に着けたから,ある程度快適にパソコンで文章が作成できる。


じゃあもっとタイピング速度を上げたほうがいいか?っていう事については,私はあまり上達は望んでいない。今の私のタイピング速度は十分に速いと思う。自分はタイピングが速いぞ!!っていう自覚はあまりない。


だから,これ以上タイピングゲームをやりこんでタイピング速度を向上させようとも思っていない。

 

気分転換にタイピングゲームで遊ぶっていう程度になった。タイピングゲームってプログラムが出されるテキストを見て,それを認識して入力するだけの作業になる。だから長時間やると出題されるテキストが前出たテキストばかりになって,マンネリ化して飽きる。


一方でブログを書くというのは,自分の脳みそからほぼ無限のテキストが出題される。それを入力するっていうのは楽しい。自分の言葉で書いているわけだし,後で読み返した時に「ああ,自分ってこういう考え方だったんだなー」って頭の中を整理できる。

 

だから,「ブログを書きながらタイピング上達」っていうのはあまり期待していない。タイピング速度をこれ以上あげたければ,そういう専用の練習をすべきだと思う。たとえば指の最適化とか。


私はホームポジションを守る打ち方でもういいんじゃね?って思う。タイピング速度を上げるよりもいい文章を早く作る能力がほしい。適切な文章を早く作れるようになれば,それだけ文章作成にかける時間やストレスが減る。仕事でも,どうしても自分で考えて文章を作らなければならないケースが多い。私は残業したくない派だから文章を作る嫌な仕事はさっさと終わらせたい。相手からの文章添削も減らしたい。


良い文章をすぐに作れるようにするためには実際にテキストエディタとかにタイピング入力して読み返して修正,読み返して修正・・・・っていう練習を積み重ねるしかない。


タイピングゲームだけやってもタイピングして文章を作る力は身につかない。文章を作成する時間はあまり減らず,添削,修正の量も減らない。残業も減らないと思う。


タイピング速度を上げようとたくさんタイピングゲームで練習しているのになかなかタイピング速度が上がらなくてイライラするよりも,タイピングスキルを活かして何かをするほうがいいと思うよ。